簀を編む人 -  小畑文子さん (その1)

はじめに

和紙を透かすと現われる美しい簀(す)の目。
それは、ひとつとして同じものがありません。
用途に合わせた籤(ひご)、網目となる糸、
そしてその編み具合によって生まれる、
美しい簀の模様も和紙の魅力のひとつ。
f0157387_12571446.jpg
(写真:流水に晒し簀を洗う) 

しかし、簀はその美しさのためだけでなく、
激しい動きを伴う作業に耐えうる強さ、しなやかさ、
そして簀を入れる桁(けた)との相性など、
高い性能も求められる和紙用具でもあります。
f0157387_131473.jpg

使い手のため、そして求める和紙の種類など
様々な要素を加味し、ひとつの簀をつくる。
それは、仕事への愛情はもちろん、的確であること、
そしてなにより根気が必要な仕事でした。
f0157387_13374558.jpg





 人を訪ねて 2007年霜月 小春日和

和紙に欠かせない道具の一つ、簀編みの仕事をされている
小畑文子さんを訪ね、鳥取県鹿野町の温泉街から程近い
小畑工務店の事務所の2階を訪れました。

全国的に簀を編む職人をはじめ、和紙づくりに欠かせない
道具をつくる職人は減少傾向にあり、
この鳥取県内でも小畑さんが唯一の簀編みの職人です。

穏やかな小春日和。
工房の入り口である事務所の玄関に穏やかな笑顔の
小畑文子さんがそこにいました。


 受け継がれる道具

早速案内された文子さんの工房には、80年以上使い込まれた編み機を中心に、
極めて細くすごかれた真竹の籤の束がその傍らに置いてあります。
f0157387_13122177.jpg
(写真:説明しながら作業を進める小畑さん)

編み機にかかった、糸巻き用の鉛の錘(おもり)や糸巻き機も文子さんのお父さんが遺した
思い入れの深い小畑家独自の用具です。

とにかく、この工房にあるほとんどが小畑家でつくられたもの。

簀に使う糸の長さを計る独自のスケールも、
一見するとただの木の板に釘が打ってあるだけですが、世界にひとつだけの大切な道具なのです。
f0157387_13114047.jpg
(写真:釘を打った板で必要な分の糸を測る)


f0157387_16303298.gif続き・・・その2へ
     ■サイトマップへ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-28 10:50 | いろは人訪記

<< 寒中見舞い申し上げます | 簀を編む人 -  小畑文子さん... >>