しゃんしゃん祭り×市民納涼祭

f0157387_14251024.jpg

土曜日は、鳥取しゃんしゃん祭り、日曜は、市民納涼祭と、
おそらく鳥取東部で一番人が集まる日、といって過言ではない週末がやってきました。
f0157387_14252756.jpg
f0157387_14253968.jpg


鳥取も例に漏れず連日、猛暑が続いています。
子ども達は元気だなぁと、つくづく思いながら。
そして一番真剣に踊っているのも、子ども達だったように思います。

f0157387_1426614.jpg
日曜日の夜は、河のほとりで花火大会です。
8時から、一時間にわたって、ゆっくりゆっくり花火が打ち上げられました。


「あかー」
「あおー」
「きいろー」
と、花火が打ち上げられるたびに、後ろにいた5歳くらいの子どもが、
大きな声で叫んでいました。


形の説明もしてくれて、
「ちょうちょー」
「なしーたー、かにーら(鳥取の観光イメージマスコットの名称)」
「ほしー」
までは、私と思っていたものが同じでした。

でも、中には抽象的な花火もあります。そのひとつが打ち上げられた瞬間、
「ごはんー」
と叫びました。
でも、わたしにも見えました。
夜空に浮かぶ、大盛りのご飯茶碗が。
f0157387_14264731.jpg

[PR]

by ak-shio | 2008-08-10 22:10 | 因州箋だより

<< 地蔵盆 ‐ 童子地蔵堂 | 和紙×家庭用プリンター >>