鳥取たくみ工藝店ブログ~小紋懐紙・ぽち袋~

鳥取の民芸情報をお伝えしている“鳥取たくみ工藝店のブログ”で、大因州の小紋懐紙とぽち袋を紹介していただきました。

最近の経済事情を反映してか、お家で楽しく年末年始を過ごそうという方が多いようです。
年末年始に向けた、プチ贅沢なお取り寄せも人気のよう。
食卓やリビングを囲んで、楽しいひと時を過ごしたいものです。

定番のお餅が何より楽しみ、というthe日本人的なお正月もありますね。
また年末年始には、地方や家庭によってそれぞれ特別な菓子が出されることがあります。
懐紙とお菓子といえば、お抹茶ともかぎらないのですが、お正月に頂くお抹茶は特別な意味があって「大福茶」と呼んでいるようです。

各種茶舗さんで紹介されていますが、元旦の朝に若水を汲み、点てたお抹茶のことで、邪気をはらうという意味あいがあるそうです。ちなみに若水を汲むのは、家長さんもしくは年男だそうです。

こんな儀式めいたことをしてみるのも、いい思い出になるかもしれません。


f0157387_955207.jpg小紋懐紙


子どもたちが何より楽しみなのは、こちらのほうですか?


f0157387_959577.jpgぽち袋(小)

ぽち袋(大)






大因州のウェブサイト http://www.daiinshu.co.jp
[PR]

by ak-shio | 2008-12-15 12:10 | yamane128関連ブログ

<< ブログをリニューアルします。 | 雪嵐が >>