カテゴリ:和紙壁紙( 2 )

Jack Lenor Larsen氏が大因州製紙に!!

テキスタイルデザイナー、Jack Lenor Larsen(ジャック・レノア・ラーセン)氏が来社されました。

f0157387_8554278.jpg


フランク•ロイド•ライトの建築で知られる落水荘のインテリアテキスタイルを
デザインしたことで一躍その名を轟かせたJack Lenor Larsen氏。
第二次世界大戦後のアメリカやヨーロッパでインテリアテキスタイル業界を牽引し続けている重鎮です。

Jack Lenor Larsen氏はアメリカではメトロポリタンミュージアムを始めとする主要な美術館に、
ヨーロッパではルーブル美術館に作品が収蔵されています。
またニューヨークのブロードウェイのロビーも、Jack Lenor Larsen氏が手がけた
テキスタイルで彩られています。

日本で活躍する三宅一生ヨーガンレールにとってはまさに師。
Jack Lenor Larsen氏をあまり知らない私たち日本人も、
間接的にその影響を受けているといってもいいでしょう。

そんなJack Lenor Larsen氏がどうして大因州製紙に?ということですが、
実は大因州製紙は2001年にJack Lenor Larsen氏のディレクションによる壁紙を発表したのです。
もちろん現在でも国内外の私邸やホテル、公共スペースなど多様に商品が使われています。

f0157387_857960.jpg

Jack Lenor Larsen氏が当社を直接訪れるのは二回目。
この度は当社の和紙資料館を始め、鳥取市内にある鳥取民芸美術館およびたくみ工芸店
隣県では出雲大社、倉敷などをまわるツアーなのだそうです。

秋の穏やかな気候のなか、充実した旅となるといいですね。


f0157387_8574630.jpg



   Long Hous Jack Lenor Larsen氏が手がけたロングハウスの写真集。
         当社と開発した壁紙が装丁に使われています。
   LARSEN





大因州のウェブサイトへ:www.daiinshu.co.jp
和紙文具紹介サイトへ:inshusen.exblog.jp

[PR]

by ak-shio | 2011-10-18 17:00 | 和紙壁紙

トミタ楮和紙vol.4 発表会

20余年続いているトミタの楮和紙シリーズが、この度4回目のリニューアルを遂げ、
『KOZO IV』として、2008年7月24日東京銀座のニコラス・G・ハイエックセンター
で新にお披露目となりました。
f0157387_1075481.jpg


前日23日のオープニングパーティー、24日の新作発表の場では、
『KOZO IV』と『HANA IV』とが同時発表されました。
華やかなものから、静けさの漂うものまで、質感、色ともに上質な
力作そろいです。
f0157387_1082875.jpg



私たちも、和紙をつくる立場として、この場を共有して、たくさんのお客様
と言葉を交わすことができ、嬉しい時間となりました。

この感動を、現場の皆に伝えたいと、素直に思います。



今回、『KOZO IV』『HANA IV』が発表されたのは、銀座7丁目にある
ニコラス・G・ハイエックセンター。坂茂(ばんしげる)氏の設計によるもので、
2007年5月24日にオープンしたばかり。
f0157387_1071270.jpg

ガラスを主とした無機質的な空間に、緑が映える硬質空間と、
和紙、楮をはじめとする様々な天然素材のもつ空気感との調和が、
これからの『KOZO IV』を象徴しているようでした。
f0157387_1084785.jpg



最後に、暑いところご来場の皆様、そして発表に至るまでにお世話になったトミタの皆さん、
本当にありがとうございました。

『KOZO IV』についてのお問合せは、株式会社トミタ様までお願いします。
今回の新作に関する詳細情報はこちらからもご覧いただけます。

f0157387_109930.jpg

[PR]

by ak-shio | 2008-07-24 22:30 | 和紙壁紙

|