カテゴリ:yamane128関連ブログ( 5 )

鳥取たくみ工藝店ブログ~小紋懐紙・ぽち袋~

鳥取の民芸情報をお伝えしている“鳥取たくみ工藝店のブログ”で、大因州の小紋懐紙とぽち袋を紹介していただきました。

最近の経済事情を反映してか、お家で楽しく年末年始を過ごそうという方が多いようです。
年末年始に向けた、プチ贅沢なお取り寄せも人気のよう。
食卓やリビングを囲んで、楽しいひと時を過ごしたいものです。

定番のお餅が何より楽しみ、というthe日本人的なお正月もありますね。
また年末年始には、地方や家庭によってそれぞれ特別な菓子が出されることがあります。
懐紙とお菓子といえば、お抹茶ともかぎらないのですが、お正月に頂くお抹茶は特別な意味があって「大福茶」と呼んでいるようです。

各種茶舗さんで紹介されていますが、元旦の朝に若水を汲み、点てたお抹茶のことで、邪気をはらうという意味あいがあるそうです。ちなみに若水を汲むのは、家長さんもしくは年男だそうです。

こんな儀式めいたことをしてみるのも、いい思い出になるかもしれません。


f0157387_955207.jpg小紋懐紙


子どもたちが何より楽しみなのは、こちらのほうですか?


f0157387_959577.jpgぽち袋(小)

ぽち袋(大)






大因州のウェブサイト http://www.daiinshu.co.jp
[PR]

by ak-shio | 2008-12-15 12:10 | yamane128関連ブログ

トットリノススメ企画 nomadic 

f0157387_16574081.jpg
(鳥取市内旧袋川の土手沿いにて)

秋深まり、おしゃれして出かけたくなる、そんな季節になりました。


鳥取で期間限定のショップ “nomadic”がオープンしました。
鳥取から全国、世界からやってきた普段の生活が楽しくなるようなモノたちが集まった
期間限定のショップ(~12月7日sun.)です。

近々鳥取へ遊びに来るかた、この週末は何をしようかな?とお考え中のかた、
そしてインテリアショップ巡りが大好きなかただけでなく、
近所の方などいろんな人たちに足を運んでいただきたいな、と思います。

鳥取駅から徒歩で約10分ほどの場所にあるNOLLY&THE NATURESの2Fにその場所はありました。
入り口のドアを開けると、1FにいるNOLLYさんの店長がさわやか笑顔で迎えてくれます。


そして、正面に見える階段のをあがってみると・・・

f0157387_8402346.jpg



あっ、部数限定の『トットリノススメ』
ピンクバージョンがある・・・

ちなみデフォルトはブラックです。

今日のショップ担当は
トットリノススメスタッフさん



蚊帳を張った店内は、冬陽がふんわり入ってきます。

+++店内近景+++

f0157387_8483767.jpg


干支の人形、
午と申でしょうか。

奥に見えるのは、
鳥取しょうがせんべい。
素朴な味ながら、
食べ始めると癖になります。

f0157387_8485291.jpg田村一さんの白磁。早大卒、現在益子で制作されています。
大阪grafさんで開かれた「お茶の時間」で紹介されていました。

実物にあえて嬉しい・・・
お茶のみな私は、大きめの湯のみを2つ購入しました。
デザートやお料理を盛り付けにも工夫次第かな・・・

f0157387_8491057.jpg大因州のぽち袋も鳥取での初登場です。

これからお年玉シーズン。
熨斗袋を小さくしたようなぽち袋なので、
もらった子どもはちょっとドキドキしてしまうかも。

お札を折らずに入れられる
大きめタイプもありますよ。
まっすぐなお祝いの気持ちを伝えましょう。

なお、大阪のgrafさんで
和紙のぽち袋(大・小)の
お取り扱いがございます。
メイッコ、オイッコたちが
どんな反応するか、
私も楽しみ・・・

f0157387_8492695.jpgこんな小皿がぽんぽん、
と出てきたら、
思わず笑顔になってしまいますね。
楽しい食事が始まりそうです。

f0157387_8494519.jpg山形の木工。
鳥のかたちの爪楊枝入れと
シュガーポットがあります。
この日すでにシュガーポットは
売り切れていました。
朴直ながら、
ダイニングテーブルに置けば、
その存在感にハッピーな
気持ちになること間違いなし。
作る数量が少ないものだそうなので、
気になったら早めに。


f0157387_8501569.jpg鳥取での限定shopには、
鳥取の民陶も紹介。
ガラスや木工品の
テーブルウェアと
一緒に置かれると、
鳥取のものも少し見え方が
違ってきます。

山根窯のフラワーベース
(花瓶)は、部屋の中央に。

f0157387_854636.jpg


(床のスペース)コーチ・カズノリさんのスツールなど。
(写真右下)鳥取岩美延興寺の器もつかいやすさで愛用できるものが多いですね。その他、テーブルコーディネートの幅が広がりそうな器たちがいます。



お店は夜8時まで。
お仕事帰りにちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。


近隣おすすめ
noppo: お酒をただくお店 ・・・blog
cafe drop: カフェ併設のケーキショップ ・・・web
 monoralという家具工房「工作社」さんの雑貨や家具も置いてありますよ。

+++nomadic~トットリノススメ情報+++

f0157387_8444964.jpg日時:2008年11月22日(土)~12月7日(日) 12:00~20:00
場所:鳥取市川端1-210 NORRYS&THE NATURESの2F ・・・お店のウェブ
お問合せ先:0857-30-1006(主催・工作社さん・・・参照ウェブ トットリノススメ



+++基本情報+++
grafさん:
ショールーム・ショップ・レストラン・サロン・ギャラリーが一体となった大阪・中ノ島のgrafビルを拠点に暮らしに関わるあらゆるものづくりに取り組むクリエーティブユニット。


ランドスケーププロダクツさん:
2000年、オリジナル家具の製作と国内外のデザイナーにおよるプロダクトや民芸品をセレクトしたショップを「playmaountain」をオープン。店舗の設計や展示のディレクション等も行う。


大因州のウェブサイト http://www.daiinshu.co.jp
[PR]

by ak-shio | 2008-11-26 20:00 | yamane128関連ブログ

箸袋のマーチ

f0157387_10545931.jpg

市販されている竹の割り箸に、おすすめの箸袋です。

使用したのは、ちぎり絵和紙のはり絵セットから、

黄緑×桃色
白×赤
の組みあわせで選び、作っています。


材料は、ちぎり絵用セットシリーズ・はり絵セットです。

f0157387_1784070.jpg


はり絵セットには、20色の和紙(50×30㎝)が入っています。
色の組合せによって、季節の取り合わせやお招きする方のイメージに、
あわせた箸袋をつくるのも粋です。

+++作り方+++

紙を5×10㎝にきります。上に重ねる紙は1~2mmほど短辺を小さくきります。f0157387_16554044.jpg

上の写真のように、3箇所を折ります。
f0157387_10535059.jpg

輪になった部分に箸を入れます。
f0157387_1701265.jpg


+++information+++
姉妹品に、むら染め、板締染、染和紙、うすものセットがあります。
ちぎり絵の素材として、また多様なクラフト材料としてお楽しみください。
f0157387_1771992.jpgf0157387_1774680.jpg
f0157387_172364.jpgf0157387_100559.jpg

お問合せは、大因州製紙・電話 0857-86-0011まで。
[PR]

by ak-shio | 2008-09-01 17:30 | yamane128関連ブログ

和紙×家庭用プリンター

f0157387_13113046.jpg
最近の家庭用プリンターは、皺も入れず、詰まらず、本当に優秀です。
お気に入りの写真を、少し加工し、和紙のはがきに印刷してみました。


思い出すのは、10年近く前、我が家が初めて家庭用プリンターを買ったころの話。
こっそり和紙を入れて印刷したものの、紙送りが難しくて、
詰まったり、皺くちゃになって出てきたり。
随分と悲しい思いをしたものです。


いわゆる再現性を求める方には、和紙は得策とはではないかもしれません。
ただ、その紙にしか出せない風合を加味してデータをいじるのも、写真の面白みです。
モニターと印刷された和紙の仕上がり。
その間にあるズレを、人間が感性でつないでいけばいいだけのこと。


被写体の向き不向きもあるかもしれませんが、でもそれだって作る人の感性次第です。
昔ならプロだけの高度な技術だって、ソフトとなって簡単に使える時代です。


今回は、07年に訪れたストックホルムで撮影した写真を使ってみました。
外国の空気って、和紙に合うと、意外な発見をしました。


f0157387_1323135.jpg今回使ったはがきは、『山根はがき』の白です。

[PR]

by ak-shio | 2008-08-08 16:00 | yamane128関連ブログ

簡単、箸ぶくろの作り方

yamane128で紹介している『小紋懐紙』(by芽project)
その簡単な楽しみ方をご紹介します。

f0157387_17412797.jpg


箸を入れるにはもちろん、スプーンなどを入れても。
透け感があるので、重たくならず清潔な印象です。
急のお客様にも、これなら短時間で作れるので、慌てずおもてなしできそうです。

f0157387_1744335.jpg


作り方は、こちら。
f0157387_17441910.jpg

幅は三分割以上なら、限度はありますが少し幅のあるスプーンなども入ります。
是非、お試し下さい。

また、小紋懐紙の紹介はこちらからもご覧いただけます。
[PR]

by ak-shio | 2008-08-01 17:57 | yamane128関連ブログ

|