<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

簀を編む人 -  小畑文子さん (その1)

はじめに

和紙を透かすと現われる美しい簀(す)の目。
それは、ひとつとして同じものがありません。
用途に合わせた籤(ひご)、網目となる糸、
そしてその編み具合によって生まれる、
美しい簀の模様も和紙の魅力のひとつ。
f0157387_12571446.jpg
(写真:流水に晒し簀を洗う) 

しかし、簀はその美しさのためだけでなく、
激しい動きを伴う作業に耐えうる強さ、しなやかさ、
そして簀を入れる桁(けた)との相性など、
高い性能も求められる和紙用具でもあります。
f0157387_131473.jpg

使い手のため、そして求める和紙の種類など
様々な要素を加味し、ひとつの簀をつくる。
それは、仕事への愛情はもちろん、的確であること、
そしてなにより根気が必要な仕事でした。
f0157387_13374558.jpg





 人を訪ねて 2007年霜月 小春日和

和紙に欠かせない道具の一つ、簀編みの仕事をされている
小畑文子さんを訪ね、鳥取県鹿野町の温泉街から程近い
小畑工務店の事務所の2階を訪れました。

全国的に簀を編む職人をはじめ、和紙づくりに欠かせない
道具をつくる職人は減少傾向にあり、
この鳥取県内でも小畑さんが唯一の簀編みの職人です。

穏やかな小春日和。
工房の入り口である事務所の玄関に穏やかな笑顔の
小畑文子さんがそこにいました。


 受け継がれる道具

早速案内された文子さんの工房には、80年以上使い込まれた編み機を中心に、
極めて細くすごかれた真竹の籤の束がその傍らに置いてあります。
f0157387_13122177.jpg
(写真:説明しながら作業を進める小畑さん)

編み機にかかった、糸巻き用の鉛の錘(おもり)や糸巻き機も文子さんのお父さんが遺した
思い入れの深い小畑家独自の用具です。

とにかく、この工房にあるほとんどが小畑家でつくられたもの。

簀に使う糸の長さを計る独自のスケールも、
一見するとただの木の板に釘が打ってあるだけですが、世界にひとつだけの大切な道具なのです。
f0157387_13114047.jpg
(写真:釘を打った板で必要な分の糸を測る)


f0157387_16303298.gif続き・・・その2へ
     ■サイトマップへ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-28 10:50 | いろは人訪記

簀を編む人 -  小畑文子さん (その2)

いろは人訪記 簀を編む人は、12月28日から日を遡ってシリーズで表示しています。


 簀の設計

簀を編む作業は、まず出来上がりの簀の寸法を出す、
設計に始まります。
簀の大きさは、枠となる桁(けた)の大きさ、
そして木桟、金桟の位置によって竹籤を接いだり、
網目を通したりする場所を決めていきます。

新しく桁をつくる場合は、たとえ手元に桁の設計図があっても、
出来上がりの実物を採寸するまで、設計はできません。
桁を8等分に分ける7本の木桟が、完全な均等割付では
ないことも結果としてあるからだとおっしゃいます。

採寸には尺貫法が現役、設計作業はとくに慎重に。
的確な判断と正確さ、なにより経験がものをいう工程です。
f0157387_13181545.jpg
(写真:巻尺の単位は寸 簀はオーダーメードで作られる)

ここで気をつけることは、木桟や金桟と簀の網目、
竹籤を接ぐ位置が重ならないようにすることです。

竹籤は、晩秋に真竹を刈り取り乾燥させて後、
竹を割り、最終的に1ミリほどの細さにまで削るように
手作業で作られます。
手間がかかり高価なためと、和紙専用の竹籤職人が
激減し流通量そのものが乏しいため無駄にはできません。

しかし節のない部分のみを籤として使うので、
籤は長さ40センチほど。簀の横はばは、その数倍は
ありますがら、最低でも3,4箇所は籤を接ぐ必要があります。
できるだけ長いまま使ったほうが経済的なのですが、
桟との兼ね合いを見て、籤を切って接ぎの良い
位置で接ぎます。
f0157387_13211734.jpg
(写真:桟の部分と糸目が重なるとぶつかる糸が切れやすくなるので、これらを避けて配置する)



f0157387_16351793.gif続き・・・その三
f0157387_16352944.gif一つ前にもどる
     ■サイトマップへ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-27 17:20 | いろは人訪記

簀を編む人 -  小畑文子さん (その3)

いろは人訪記 簀を編む人は、12月28日から日を遡ってシリーズで表示しています。



 簀を編む

簀は、和紙を漉く際の手前側から編み始め、
最終的な大きさに近づいたら1寸ほど編み残し、
奥側の親骨(別称へり木)と繋げるよう編みます。
f0157387_13263888.jpg
(写真:編み始めは親骨がついていない状態のまま)

残りの寸法は、桁に収まるよう調整しながら籤の段を足し、
簀の高さが決まったら、手前の親骨と繋ぎ合わせます。
f0157387_13273335.jpg
(写真:時おり糸目の位置などが設計どおりか確認しながら)


水落のスピードが、簀の目の具合によって異なるため、
厚い紙用の簀には太い糸、半紙など薄い紙用の
簀は細い糸を使い分けます。

使う糸は、生糸もしくはナイロン糸ですが、
現在は流通の安定さと丈夫さからナイロン糸が
主に選ばれています。ただ、水にぬれると程よく
糸が締まり、簀の間が狭くなる性質を持つ
絹製の生糸にこだわる漉き手もいるようです。
ただ簀専用の特殊な番手の生糸の生産自体が滞っている
状態では、入手困難とのお話でした。
[PR]

by ak-shio | 2007-12-26 10:40 | いろは人訪記

簀を編む人 -  小畑文子さん (その4)

いろは人訪記 簀を編む人は、12月28日から日を遡ってシリーズで表示しています。



 工房での一日

この日は小畑さん、織り機の前に静かに座ると、
修復するように簀の編み返しをしていました。
編み糸も長年使っていると痛み切れやすくなります。
また、水が浸入して小口の痛んだ籤は新しいものに交換します。
f0157387_13334212.jpg


木製の編み機に錘が動かされ編み機にぶつかるたびリズムカルな、
コト、コト、コト、コト、と軽快な音が工房に響きます。
時おり音がとまると、竹籤を足したり編みの手順を
手直ししたりと、全体のバランスを見ながら、
意識は常に手元に集中しています。

小畑さんは、実家の事務所での仕事のほか
家庭の仕事もこなしながらなので、
専業的に根詰めて簀編みの仕事をすることは
現実として難しいのとのこと。
f0157387_1336586.jpg


また長時間できる作業ではないので、
一日5、6センチ編むのが限度とのお話でした。
そのため数年待ちの注文もあるそうですが、
それでも数十年の節目で眺めれば、
外国製の安価な簀より経済的です。

そのことを使い手も知っているので、たとえ2,3年待ちでも
簀の注文は後を耐えないようです。
f0157387_1334425.jpg






f0157387_1639553.gif続き・・・その五
f0157387_1640552.gif一つ前に戻る
     ■サイトマップ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-25 20:30 | いろは人訪記

簀を編む人 -  小畑文子さん (その5)

いろは人訪記 簀を編む人は、12月28日から日を遡ってシリーズで表示しています。


 簀編み いまむかし

昔の人は正座が当たり前だったのですが、
長時間座っているのは苦痛なので、
編み機を土台の上に乗せて、椅子座で作業をできるように
調整しています。

文子さんが簀を編み始めた30年ほど前は、
鹿野町に3件ほど簀を編む家がありました。
簀編みに限らずですが、後継者問題は深刻です。
小畑さんは、娘さんが将来簀編みの仕事を受け継いでくれる
ことを期待しています。
f0157387_13481042.jpg



結婚後、子育てしながら、母親から簀編みを始めた文子さん。
望みの綱ならぬ、希望を簀に編んでいる。
やはり技は伝えていかなければならないと、静かに意気込みつつ、
娘さんと一緒に簀を編む日をとても楽しみに、そして喜びに。

今日も簀を編む音が小畑さんの工房に響いているのでしょうか。



取材協力: 小畑文子さん


f0157387_13434440.jpg






f0157387_1647959.gif一つ戻る
    ■サイトマップ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-24 13:40 | いろは人訪記

冬至れり

今日は冬至。


また、この日を境にまた日が長くなることから、

「一陽来復」  (いちようらいふく)

と称することもあるようですが、
冬至のころから実際に寒気が激しくなりだす季でもあるので、

「冬至冬なか冬はじめ」

といったりすることもあるようです。


今日、鳥取市内からスキーでも有名な氷ノ山あたりは、
モノトーンの世界でした。
墨色の山にいくつもの白い雪の筋がはっきり見えます。


平野でも最近は、

「雪起こし」 (ゆきおこし)

と思われる雷の音を聞くことしばしば。
そろそろ平野での積雪にも覚悟しなければならなくなりそうです。

f0157387_16414051.jpg
(写真:雪起こしの雷がなった後、急に2重の虹が現われた 鳥取市内)


昨夜は、冬至にかけてでもないですが、「湯治」のため鹿野温泉に寄りました。
身体の芯から温めてくれる温泉につかると日本人に生まれてよかったと思います。

f0157387_16425414.jpg
(写真:鹿野温泉近辺の山並み 秋口に撮影)


昔から冬至に合わせて、かぼちゃをたべたり、柚子湯につかったり。
各地から風物詩をつたえるニュースもきっと届けられることでしょう。

それでは皆さん、よい週末をお過ごしください。



f0157387_1652132.jpg

(日本大歳時記 講談社 参考)
[PR]

by ak-shio | 2007-12-22 17:40 | 因州箋だより

山粧う

f0157387_14471274.jpg


久しぶりに小山登りをしました。
山根の村が見えるこの場所まで、一気に駆け足で登ります。


氷雨の続くこのごろ。
本当はこんな冬晴れの日は滅多にないのです。


あの青い雲と山がぶつかるあたり、雲がなければ日本海を望めるのでしょうか?
目を凝らして、水平線をさがしました。


また、所々色づいた木々の葉が山に彩を添えています。


山を形容する表現に、漢詩からの引用で、

春 山笑う
夏 山滴る
秋 山粧う
冬 山眠る

という表現があるそうです。

さらに中国山脈にちかい山々は既に雪化粧。
そろそろこの辺りの山も眠りにつく支度を始めるようです。


山陰に入ると、ツンした空気が一気に体にしみこんできました。
そろそろ山は降ります。


それではまた。
山笑うの季節にこの場所を訪れましょう。
[PR]

by ak-shio | 2007-12-18 14:30 | 因州箋だより

大因州HP更新のお知らせ

大因州ブログをご覧頂きありがとうございます。


弊社大因州ウェブサイトにて、ニュース、そして山根和紙資料館 資料館の一品に
新しい記事をご紹介しております。

是非、いちどご覧ください。


また当ブログに関するご意見・ご感想もお待ちしております。
これからも、大因州ブログそして大因州ウェブサイトをどうぞ宜しくお願いします。



f0157387_17202747.jpg
    ブログ担当 塩 茜より
[PR]

by ak-shio | 2007-12-17 16:50 | top お知らせ

村の停留所

f0157387_16102046.jpg

JR山陰本線青谷駅前から小畑行きのバスで15分。
二車線だった県道が一車線になり、山根に到着します。


またある日なんとなくこの停留所が好きなので写真を撮りました。
でも、あれ?何かが違います。

f0157387_1634130.jpg
そして違いに気づいた瞬間、とても嬉しくなります。


小さな村ですが、「ようこそ ようこそ」などでも親しみ深い
因幡の源左さん(1842~1925)の生まれた家や
願正寺などをこの村を訪ねる人は多いそうです。
もちろん村に残る手漉きの和紙職人さんや和紙の里として訪ねて
いらっしゃる方も沢山います。


ちなみに大因州本社に附属の山根和紙資料館はこのバス停から見える
昔の小学校のような木造の建物内にあります。
資料館の入り口はバス停から県道沿いに歩いて直ぐです。
f0157387_16314748.jpg

資料館は要予約制のためあらかじめお問合せの上お越しください。
大因州HP 山根和紙資料館ご案内はこちらからどうぞ
[PR]

by ak-shio | 2007-12-17 15:40 | 因州箋だより

赤い実

f0157387_1422449.jpg
酉年の人間なせいか赤い実には思わず反応してしまいます。
[PR]

by ak-shio | 2007-12-15 14:30 | 因州箋だより

|