<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

花火大会 旭国際浜村温泉G.C.

女神の郷、旭国際浜村温泉ゴルフ倶楽部で、
毎年開催される花火大会、2008年は7月31日に開催されました。
f0157387_11244677.jpg

赤ちゃん、子供、そして浴衣姿の女性たち。
お弁当や出店で買った食べ物をつまみながら、
グリーンにゆっくり腰を下ろし、花火を見る準備を始めています。
夏の太陽は、ゆっくりと落ちていきます。


ウェアウェイに車の乗り入れなんて、ご法度なんていわず、
今日は思い切り夏の宴を楽しみましょう。
f0157387_11241559.jpg

ゴルフと花火の意外な共通点。
それは5月28日がゴルフの日、そして花火の日ということ。
偶然なんですけどね。


ゴルフの日は、第一回の日本オープン選手権を記念して。
また1733年の旧暦5月28日に徳川吉宗が隅田川で水神祭を行ったことに由来しているそうです。当時の旧暦5月28日は、現在の7月9日あたりになるようですね。


花火大会の開催期日は、毎年ゴルフ場入り口付近の立て看板で知ることになります。
電話での問合せもあると思いますが、基本として大々的な宣伝はしていないようです。
つまり、立て看板を見に行かない限りわからないのですが、
(私の個人的な意見ですが)逆にそれが良かったりします。

私たちの周りでは、7月31日論と8月2日論に意見割れしました。
ちょっぴり不安だったのですが、鳥取市内より鹿野方面に向かう県道21号線、
アップダウンの激しい山の中をひた走ること20分。
駐車の誘導する人影が見えたときは、正直ほっとしてしまいました。


そして出店に誘われ、カキ氷を買い、待つこと約一時間。
真っ暗になった夏の空に、花火と歓声が上がりました。


f0157387_11311881.jpg
f0157387_1131446.jpg


f0157387_11321472.jpg
f0157387_11324363.jpg

[PR]

by ak-shio | 2008-07-31 23:30 | 因州箋だより

日本民藝館・西館を訪れる

渋谷から井の頭線で二駅目、東大駒場の駅を降り、
暑い正午前の日差しを浴びながら歩くこと5分余り。

この日、久しぶりに日本民藝館訪れました。

f0157387_10473595.jpg
(写真:西館 応接室)

がらがら~と正面の扉を開くと、左右に分かれる大階段が目の前に
現われます。
学生時代、何度か訪れたこの場所ゆえ、このどっしりした木の空間に入ると、
心がほっとします。
そして涼しい。


特別展示室では、濱田庄司没後30周年記念の展示を堪能。
そして、その他各展示室には、今の生活にもそのままあったら良いなと
思えるような陶器や、着ていた人の生きていた時間まで感じさせるような
藍染の着物など見つけました。


ミュージアムショップも日本民藝館を訪れる、大切な楽しみの一つです。
この度は、インドで作られたシルクと綿をつかった白い織物を購入。
どうも、白い布というテーマに弱いらしいです。


最初の写真で紹介したのは、西館と呼ばれ、かつて柳宗悦氏のご自宅です。


この部屋は、入り口はいってすぐの応接室とよばれる部屋です。
部屋の電気を消していたので、窓からもれる庭の緑がとても綺麗でした。
かつて学芸員実習をしていたころに、講義をここで受けたそうです(妹談)。
羨ましい。
f0157387_1049618.jpg

NHKの『新日曜美術館』でも紹介された西館で、
私が実際に見ていたいと思っていたのが、この柳宗悦氏の書斎です。
f0157387_10545286.jpg

そして、こちらは2階の和室から見た玄関部分(長屋門)の屋根です。
石をそのまま葺いています。
f0157387_10582546.jpg



+++ 日本民藝館のご紹介 +++

所在地  日本民藝館 〒153-0041 東京都目黒区駒場4丁目3番33号
電話    03-3467-4527
アクセス 京王井の頭線「駒場東大前」駅西口より徒歩7分
ウェブサイト http://www.mingeikan.or.jp/home.html

開館時間
・日本民藝館
午前 10 時 ー 午後 5 時
入館は 4 時 30 分まで

・西館(旧柳宗悦邸)
展覧会開催中の毎月第2水曜・第2土曜・第3水曜・第3土曜日に公開
開館時間:午前10時-午後4時30分(入館は4時まで)



入館料
一般 1,000 円 (団体 800 円)
大高生 500 円 (団体 400 円)
中小生 200 円 (団体 150 円)
団体は 20 名以上



休館日 
毎週月曜日
祝日の場合は開館し翌日休館展示替期間、年末年始


※ただし上記外にも展示替えなどで閉館となる場合がございますので、
日本民藝館まで直接お問合せ頂くことをお勧めいたします。

また、今回写真を撮影で訪れたのは西館(旧柳宗悦邸)です。
民藝館の開館日等とは異なりますのでご注意下さい。
[PR]

by ak-shio | 2008-07-25 20:30 | 因州箋だより

トミタ楮和紙vol.4 発表会

20余年続いているトミタの楮和紙シリーズが、この度4回目のリニューアルを遂げ、
『KOZO IV』として、2008年7月24日東京銀座のニコラス・G・ハイエックセンター
で新にお披露目となりました。
f0157387_1075481.jpg


前日23日のオープニングパーティー、24日の新作発表の場では、
『KOZO IV』と『HANA IV』とが同時発表されました。
華やかなものから、静けさの漂うものまで、質感、色ともに上質な
力作そろいです。
f0157387_1082875.jpg



私たちも、和紙をつくる立場として、この場を共有して、たくさんのお客様
と言葉を交わすことができ、嬉しい時間となりました。

この感動を、現場の皆に伝えたいと、素直に思います。



今回、『KOZO IV』『HANA IV』が発表されたのは、銀座7丁目にある
ニコラス・G・ハイエックセンター。坂茂(ばんしげる)氏の設計によるもので、
2007年5月24日にオープンしたばかり。
f0157387_1071270.jpg

ガラスを主とした無機質的な空間に、緑が映える硬質空間と、
和紙、楮をはじめとする様々な天然素材のもつ空気感との調和が、
これからの『KOZO IV』を象徴しているようでした。
f0157387_1084785.jpg



最後に、暑いところご来場の皆様、そして発表に至るまでにお世話になったトミタの皆さん、
本当にありがとうございました。

『KOZO IV』についてのお問合せは、株式会社トミタ様までお願いします。
今回の新作に関する詳細情報はこちらからもご覧いただけます。

f0157387_109930.jpg

[PR]

by ak-shio | 2008-07-24 22:30 | 和紙壁紙

和紙を絞る

f0157387_11295498.jpg

和紙に色や模様をつける方法のひとつ、絞り技法。

今回のいろは人訪記では、大因州の和紙を長年絞ってきた
秋吉さんのおばあさんを訪ねました。

「綺麗に折りたたまれた傘をイメージして巻く」
という秋吉さんの言葉どおり、均等にひだを寄せて絞っていく技法は、
一般的に傘巻き絞りまたは、巻き上げ絞りと呼ばれるもの。

ただ布を絞るのとは異なり、あまり強い力で扱うと和紙を傷めます。
また空気が乾燥しすぎても紙がかたくなり、しなやかな絞りをすることが
難しくなるそうです。

まさに、「紙の状態と相談しながら、作業をする」仕事です。
地道ですが、集中力も必要な作業なので、家庭や農作業の仕事の合間あいまに
天気や体調などと相談しながら、作業を進めるそうです。


f0157387_12492572.jpg

f0157387_1250019.jpg

私が写真を数枚撮っている間に、どんどん絞られた和紙が秋吉さんの
背後に積み重なっていきました。
皺によって空気を含んで、体積が大きくなった和紙の積層は
見方によってはアート作品です。

f0157387_12502953.jpg

「絞りの柄など具合が悪いところがあったら、すぐに教えて」と、秋吉さんは言います。
自分の仕事が本当に役に立っているのか、推し量るその姿勢は、
何か今も昔もかわらない、大切にしなければならない仕事の流儀だと思います。


f0157387_1251191.jpg


私たちの地元には、このような和紙の絞り作業をされている女性がいます。
絞り作業を終えた和紙は、大因州の工場(こうば)で、
染め、乾燥、ほどき、アイロンかけなどの工程をへて一枚の染め和紙が完成します。





f0157387_1371189.jpgこの染め和紙を用いたものに、
和紙バインダーがあります。
もちろんそれを仕立てる作業も
ひとつひとつ丁寧に手づくりです。

[PR]

by ak-shio | 2008-07-18 10:00 | いろは人訪記

和紙の便箋など、和紙商品を紹介します

暑い日が続きます。
皆さん、お変わりありませんか?
f0157387_12492567.jpg
和綴帳


さて、大因州の和紙を紹介する新しいサイト
『yamane128』を公開しました。
そこでは大因州の和紙の商品、便箋や和紙の
文具の基本的な情報を中心に展開していく流れです。


このブログでも、商品に関する情報をお届けする予定です。
大因州ブログ『和紙いろはにほ』、
大因州の和紙を紹介する『yamane128』、
あわせて宜しくお願いします。


お問合せお待ちしています。
サイトは
こちら
から。

ようこそ from yamane128
f0157387_12514327.jpg
大因州の和紙を紹介しています

[PR]

by ak-shio | 2008-07-17 12:50 | top お知らせ

|