『grazia』6月号因州箋が紹介されました

インテリアのヒントを探しに本屋さんへ行きました。

ふと目にとまったgrazia6月号、北村恵子さんテリー・エリスさんご夫婦のロンドンの
ご自宅が特集紹介が気になり、ページをめくっていました。
この特集の続編、スタイルディレクター黒田美津子さんが紹介する
「北欧から民芸まで-すぐ買えるクラフト図鑑(女性誌grazia 2009年6月号)」。
そのなかに因州箋が紹介されていました。

北村さんはじめ紹介されたインテリアには、鳥取や山陰のものがちらほらと。
現在「鳥取たくみ」の2Fでご紹介中(6月8日まで)の小鹿田(おんた)焼もちらほら。

そんな大好きな北欧や日本のクラフトのなかに、
因州箋もあるなんてちょっと感激です。


どうやら最近女性誌で因州箋がちらほらと出没しているらしいという噂を。

因州箋を見つけたら、

「あっ、鳥取で作っている便箋だ」

そんなふうに思い出していただけると嬉しいです。


f0157387_22132852.jpgf0157387_22151521.jpg





大因州のウェブサイトへ:www.daiinshu.co.jp
和紙文具紹介サイトへ:inshusen.exblog.jp

[PR]

by ak-shio | 2009-05-28 17:00 | top お知らせ

<< 「鳥取の美と技」展 | あたたかな風 >>