メキシコの切り絵 kawaii

ご無沙汰しておりました!
最後の更新が桜の開花をお知らせする便りでしたので、
随分と時が過ぎていますね。

葉桜、新緑、そして薫風そよぐ皐月も過ぎ、
まもなく梅雨の時期を迎えようとしてます。


皆さん、元気でお過ごしでしたか?


今日は、久しぶりの復活にちなんで、
山根和紙資料館で見つけた面白い収蔵品をご紹介します。
f0157387_16582575.jpg

皆さん、これなんだと思いますか?
技法としては、本屋さんで見つけることも多い切り絵の一種です。
見たところ、機械でくりぬいたようなつくりで、
上部には紐がついているのが見えます。


実は、これメキシコでお葬式で吊り下げる飾り。
ちょうど運動会の連なった国旗のように色取り取りの紙がひらひらと
ゆれる姿を想像してください。

お葬式なのですが、なにか少し楽しげな光景ですね。
冠婚葬祭もお国柄を反映するのでしょうか。

他にもこんなユニークな切り絵を展示しています。
f0157387_17104741.jpg

極めつけは、これ。
f0157387_17111347.jpg

こんな骸骨なら、怖くない?
[PR]

by ak-shio | 2008-06-03 10:30 | 因州箋だより

<< 『美の巨人』小林古径より | 山根の春 >>